ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

「九州縦断鉄道の旅 with 鉄子編」その⑨

みなさま、こんにちは。

10月に連載スタートした「九州縦断鉄道の旅 with 鉄子編」も本日で最終回です。足掛け4ヵ月に渡ってお伝えしてきましたが、9回で4ヵ月って、、、長過ぎですね。

連載マンガでしたら、きっと作者はクビになっていますよね。みなさま、こんな気まぐれブログに最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます!

さて、本日の最終目的地はと言いますと、「指宿駅」です。

f:id:tetsuko-papa-room:20210202071441j:image

交通新聞社 2020年9月号全国版コンパス時刻表より】

↑の地図の一番下を見てください。本当は指宿の3つ先であるJR日本最南端の「西大山駅」まで行きたかったですし、切符もこの駅まで購入したのですが、指宿より先は極端に列車の運行本数が減ることもあり、今回は泣く泣く指宿での折り返しとした次第です。

しつこいようですが、まさか半年後に「日本列島鉄道縦断ツアー」でこの西大山駅を制覇する事になるとは、この時は夢にも思っておりませんでした。その時の様子はこちら↓

tetsuko-papa-room.hatenablog.com

 

と言う訳で、本日の旅程は以下のようになっております。 

 2020/3/30(6日目)

8:55 鹿児島中央発 観光バス

- [x] 桜島自然遊覧コース

12:35 鹿児島中央

13:56 鹿児島中央指宿のたまて箱5号

14:49 指宿着

15:05 指宿発 指宿のたまて箱6号

16:00 鹿児島中央

16:30 鹿児島中央発 空港バス

17:10 鹿児島空港

19:30 鹿児島空港フライト

21:05 羽田空港

せっかく鹿児島まで来たのですから、午前中は桜島を観光し、午後は一路指宿へ。とんぼ返りで鹿児島中央駅に戻り、そのまま鹿児島空港からのフライトで帰京します。

指宿滞在時間16分って、、、鉄分多めの旅ですから良いのですが、家族旅行でしたら、きっとブーイングが上がりますね!(笑)

それでは早速、「桜島自然遊覧コース」の観光バスツアーからお伝えしますが、ツアーの乗客は10人程度でしたでしょうか。寂しい限りですが、何と言ってもこのツアーを選んだ理由は、桜島に上陸するからです。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070616j:image

鹿児島中央駅を出発した観光バスは、こんなバカでかいフェリーに乗ってバスごと桜島に渡ります。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070755j:image

例年でしたら春休みシーズンで一杯になるであろう客室も、全く人がいません。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070611j:image

鉄子はガラガラの船内を探索しておりましたね。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126071218j:image

こちらは展望所で撮った一枚です。この日はあいにくの雨模様でして、モヤが掛かって雄大桜島の様子を拝む事ができませんでした。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070737j:image

こんな感じで、溶岩むき出しの道を展望台に上がっていく訳です。桜島に上陸している今、噴火が起きたら、自分は生きて帰れないだろうな~ と小心者な鉄子の父はずっと不安に思っていたのはココだけの話です。

本当に、桜島に住むみなさんはすごいなと思いましたね、はい。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070606j:image

途中、お土産屋さんにも寄りましたが、全く観光客もおらず閑散としておりました。ちなみに左側の桜島大根はレプリカでして、右側が本物です。それでもデカいですね!

そんなこんなで桜島をぐるっと一周した二人は鹿児島中央駅に戻り、本日の目的地である指宿駅を目指すのでした。

 

指宿のたまて箱5号

f:id:tetsuko-papa-room:20210126071046j:image

 f:id:tetsuko-papa-room:20210202071550j:image

f:id:tetsuko-papa-room:20210202071547j:image

キハ47系シリーズの観光列車もこれが最後となります。クリーム色と黒のツートンカラーがお洒落な気動車鉄子もしっかり記録・記憶に刻んでいますね。

と、パチパチ写真撮影に勤しんでおりますと、、、あれはなんだ???

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070751j:image

おーーーーー、気動車から煙が噴き出しております! もちろん車両が古くて調子が悪いのではありません。この列車名「指宿のたまて箱」からお分かりの通り、浦島太郎がたまて箱を開けた時の煙を水蒸気で再現してるのですね~ はい、芸が細かいです!

ちなみに、浦島太郎の伝説発祥の地が鹿児島なのだとか。これは私知りませんでした。f:id:tetsuko-papa-room:20210126070758j:image

恐らく、製造から40年程は経っているだろうと思われるキハ47系ですが、このようにお洒落な塗装を施され、年季は感じますが最後のひと踏ん張りで観光列車として活躍する、何と素晴らしい車両人生でしょうかね。私もこんな一生を送れたらいいな、としみじみ感じました。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070641j:image

と、感傷に浸る間もなく、あっという間に列車は指宿駅に到着です。

指宿のたまて箱6号

f:id:tetsuko-papa-room:20210126071042j:image

鉄道マニアの二人は、指宿駅の改札を出ることなく、ホームで折り返しの準備を待ちながら直ぐに引き返します。きっと、車掌もアテンダントのお姉さんも、何だこのあやしい二人組は?って思っていたでしょうね(笑)

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070802j:image

折り返しの列車清掃を待っている間に、枕崎方面の列車が出発していきました。。。あー、あの先20分弱で「西大山駅」に着けるのに~

もちろん、事前には朝から西大山駅に行くプランも考えたのですが、列車の接続が悪過ぎて断念しました。何もない(であろう)西大山駅で2時間半待ちは辛いですからね。その代わり桜島に上陸する観光バスプランを選択した訳です。

9月に西大山駅を訪れた際に感じた事ですが、レンタカーでこの駅を訪れる方も沢山いらっしゃいました。これであれば時間を最大限利用できるなと感心しました。が、鉄道マニアの旅としては、レンタカーで日本最南端の駅を訪れるなど、あり得ないのですが(笑)

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070627j:image

帰りは、本当に数えるほどしか乗客がいませんでした。これを見ると、桜島のある海側を全ての座席が向いているのがお分かりになると思います。テーブルの上には軽食・カフェのメニューが置いてあり、車内で楽しむ事ができます。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070647j:image

この車両の座席は進行方向を向いていますね。青と白のシートカラーがお洒落です。本当にこれがあのキハ47系なのか?と疑ってしまうような見事な改造っぷりです。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070644j:image

こんなカップルシートも設置されています。指定券予約時にはこんなに様々なシートパターンがあるとは知りませんでしたので、JTB長崎のお姉さんには何も伝えませんでした。その場でこのカップルシートを予約したい!って伝えたら予約できたのだろうか!?

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070637j:image

窓の奥に看板が見えますが、指宿の町は鰹節の生産量日本一なのですね。鰹節ラーメンなるものがあるそうで、ラーメン大好き鉄子の父としては是非とも味わってみたいものでしたが、16分の滞在時間ではそうもいきません。いつか食してみたいですね、鰹節ラーメン。

f:id:tetsuko-papa-room:20210126070623j:image

そんなこんなで戻って参りました、鹿児島中央駅。プハー、と息を吐くかのように水蒸気が舞っております。今日も一日お勤めおつかれさまでした。新生キハ47系、まだまだ現役で頑張ってください!

と言う訳で、長かった5泊6日九州の旅も、ここまでとなります。お読みいただきありがとうございました。

今回多くのJR九州観光列車に乗車する事ができましたが、まだまだ「海幸山幸」「A列車で行こう」「或る列車」といった乗れなかった列車もありますし、欲を言えば、死ぬまでに一度は「ななつ星」にも乗ってみたいですね!

そして、この旅の内容を何も知らないまま一緒について来てくれて、鉄分大量の旅に付き合ってくれた鉄子にも感謝です。それではみなさま、またお会いしましょう!

さて、次はどんなネタを綴っていこうかなぁ。。。

「九州縦断鉄道の旅 with 鉄子編」その⑧

みなさま、こんにちは。

前回「いさぶろう」の途中停車駅である大畑駅、そしてループ線スイッチバックの模様をお伝えしました。今回は「いさぶろう」後半戦となります。

大畑駅を出発した「いさぶろう」は続いて矢岳駅に到着します。観光列車だけあって各駅に5~6分停車しますので、この駅でもホームに出て探索してみますね。

なのですが、みなさんなぜかホームから駅を出て車庫のようなところに歩いていきます。すると。。。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170436j:image

なんと、SL D51が静態保存されておりました!矢岳駅から徒歩1分でSLを見物できる、なんと魅力に溢れた肥薩線なのでしょうか。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171120j:image

今朝のSL人吉では外から運転席を覗き込むだけでしたが、ここではしっかり中に入って撮り鉄ぶりを発揮している鉄子なのでした。うん、良かったね!

こうやって撮影していると6分停車なんてあっという間です。が、ちゃんとみなさんが車内に戻ってから出発してくれますので安心してください。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170331j:image

さあ、矢岳駅を出発した「いさぶろう」は続いて真幸駅に到着します。この駅では地元の方が特産品を販売してくれていました。なのですが、ちょっと調べてみると当駅の一日の乗降者数は平均1~5人しかいないのです。

そんな肥薩線ですが、こうやって観光列車を走らせて地元を盛り上げたい!やっぱり今回このルートを選択して良かったです。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171117j:image

ここには駅名にちなんで「幸福の鐘」が設置されておりました。もちろん鉄子もこの鐘で幸福を呼び寄せます。「太宰府天満宮」「一勝地駅」そして「真幸駅」、これだけのご利益をいただいていれば、来年の受験も勇気百倍というものですね!

また、なんとこの真幸駅にもスイッチバックがあるのです!写真はありませんが、僅か40キロ、80分の乗車で2回もスイッチバックを体験できるなんて、この「いさぶろう」以外に無いのではないでしょうか。

肥薩線が復旧した際には、みなさまも是非「いさぶろう」の乗車をご検討くださいませ。
f:id:tetsuko-papa-room:20210103170505j:image

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170335j:image

そして「いさぶろう」は終点吉松駅に到着しました。普通列車とのツーショットもしっかり残しておりました。

ちなみに、行先表示器には「いさぶろう・しんぺい」と記載がありますが、私たちが乗ってきた下り列車は「いさぶろう」、上り列車は「しんぺい」として運行されているのですね。前回お伝えした「かわせみ・やませみ」は下り上り共にこの列車名のため、なかなか複雑なネーミングとなっているな、と感じました。

 

はやとの風3号

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171417j:image

吉松駅では30分程度の待ち合わせで次なる「はやとの風3号」に接続となります。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170249j:image

こちらもキハ47系の改造車両ですが、キハ147系と型名が変わっておりますね。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170339j:image

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170441j:image

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170445j:image

中に入ってみると。。。うーん、こちらもやっぱり観光列車ですね~

近代的なシートからレトロなシート、窓側に向いているシートもありますね。

ほんとに今回の旅行は、九州の観光列車を乗り尽くす勢いで制覇しております。良く2、3日の期間でこの行程を導き出したものです。はい、自画自賛ですが(笑)

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170245j:image

そんな「はやとの風」は鹿児島中央を目指してひた走ります。今日初めて海を見ることができましたが、その先には桜島が控えておりましたよ。

ん?煙を上げているように見えますが、これはたまたま雲がその位置にあっただけのようですね。はい、なかなかのシャッターチャンスでした!

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170422j:image

そして、鹿児島中央駅に到着。朝熊本を出発してから長かった一日が終わろうとしています。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170241j:image

お、ここ鹿児島にも市電が走っているのですね。九州は市電が多くて楽しいです。

この市電に揺られて今日のホテルに向かいます。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170427j:image

こちらはホテルでの一枚。二人が着けていたマスクです。なんでこんなに真っ黒になってるの!とビックリ仰天しましたが、火山灰ではなくSL人吉の煙だったのですね~

窓を開けて煙を沢山浴びていたことが、このような形で証明されました。

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170324j:image

今日は朝から夕方まで、SL人吉、いさぶろう、はやとの風と乗り継いで鹿児島中央駅までやって参りました。

5日目ということもあり、二人ともかなーり疲れも溜まってきておりまして、夕食は近くのスーパーで買い求めたお刺身やお惣菜でお腹を満たしました。もちろんお供には、現地ならではのチューハイをセレクトしましたよ。

そしてそして、長かった長かった九州縦断旅行も明日を残すのみとなりました。明日は桜島観光してから指宿を目指します。

それではみなさま、最終日にまたお会いしましょう!

「九州縦断鉄道の旅 with 鉄子編」その⑦

みなさま、こんにちは。

九州縦断鉄道の旅もいよいよラストスパートに入りました。前回念願のSL人吉に乗車した二人組は、そのまま九州南部を南下し鹿児島中央を目指します。

今回のハイライトは、何と言ってもループ線スイッチバックです。下の地図を見てください。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171241j:image

交通新聞社 2020年9月号全国版コンパス時刻表より】

真ん中にクルッと円を描いた路線がありますよね。それが正にループ線でして、その途中にある大畑駅がどんな駅なのか楽しみです。

■いさぶろう3号

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171421j:image

↑は、いさぶろう3号の指定券です。観光列車なのに普通列車という、鉄道マニア心をくすぐる設定です。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170410j:image

こちらは「いさぶろう・しんぺい」と「やませみ・かわせみ」が並んだシーンです。ここでも水戸岡鋭治さんデザインの気動車が大活躍ですね!

本当は「やませみ・かわせみ」にも乗車したかったのですが、熊本ー人吉間運行のためSL人吉を優先した次第です。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170455j:image

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171132j:image

なので、今回は乗務員のお姉さんとの記念撮影で我慢しました(笑)


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170238j:image
↑は逆サイドから撮った一枚です。
「やませみ」車両はグリーン、「かわせみ」車両はブルーと2両編成ながら色分けされているお洒落な列車でした。

 

そして、人吉駅を出発したいさぶろう3号はしばらくして大畑駅に到着します。


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170309j:image


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170515j:image

この駅、「おこば」と読むんですね。

いやー、ものすごい数の名刺が駅中に貼られています。ちょっと調べてみると、この駅に名刺を貼ったヒトは出世できるんだそうな。

はい、もちろん私も出世祈願で名刺を貼って参りましたよ!しかし、良く名刺持ってたな。。。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103170508j:image

こんな所にも名刺満載です。この時刻表を見てみると、一日に上り下り共に3本ずつしか走っていません。これは北海道の地方も顔負けの秘境ローカル線っぷりですし、特急列車を走らせる訳にもいきませんね。うん、納得です。

 

しかし、ここは日本で唯一ループ線スイッチバックを有した駅という訳で、二往復の観光列車を走らせて街おこしを行うJR九州の意気込みには感服しました!


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170350j:image


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170254j:image

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171108j:image

大畑駅では5分間停車するため、乗客はホームに出て記念撮影に興じます。

丁度桜が満開に咲き誇っており、駅前の広場では沢山の方が花見をしながら列車の撮影を行っておりました。


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170316j:image

ほら、乗客全員がホームに出ていったのがこの一枚からも伺えますね。

では、スイッチバックがどんなものか、頑張って説明してみたいと思います。

一言で言うと、Z字の線路をジグザグに進み、急勾配を上ったり下ったりする路線の事です。直線では急勾配を上り切れないため、スイッチバックループ線でぐるっと回り込む事によりゆっくりゆっくり坂を上って行くという訳です。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210122124407p:image

左側の線路を奥から手前側に上ってきた「いさぶろう」は、大畑駅に到着します。

そして大畑駅で進行方向を逆に変えた列車は一旦待避線に入ります。

↑は待避線に入る、Zの2画目に当たる位置の一枚です。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210122132428p:image

待避線に入った列車は更に進行方向を逆に変え、大畑駅を右手に見つつ急勾配を上って行くのです。↑は待避線で運転手が移動し進行方向を変えるのを待っている一枚です。


f:id:tetsuko-papa-room:20210122124400p:image

↑は桜満開の大畑駅を右手に見つつ、大勢の花見客に見送られながら左手にぐるっとループ線を上って行く「いさぶろう」からの一枚です。Zの3画目ですね。


f:id:tetsuko-papa-room:20210103170430j:image

 

↑はループ線をぐるっと一周してきてかなりの高度からスイッチバック大畑駅を見下ろした一枚です。右手の人吉方面からやってきて奥の大畑駅に入り、手前の待避線に入った後に桜の左手を通ってループ線に入っていく。このような説明でみなさまにスイッチバックが伝わったでしょうか?

まさか一年経ってブログでみなさまにご紹介するなどとは露知らず、残っていた写真でのご説明はこれが精一杯でした。

スイッチバック分からん!という方はググってみてくださいませ(笑)

 

流石観光列車だけあって、スイッチバックループ線の一つ一つに車内放送が入り、どんだけ貴重な路線であるかを目一杯説明してくれてました。

↑の写真も一旦列車が止まってくれて説明してくれたので撮影できたのですよね。

 

f:id:tetsuko-papa-room:20210103171135j:image

スイッチバックを満喫した鉄子撮り鉄としてイキイキ撮影しております!

「いさぶろう」は特急車両なのですが、元々はキハ47系という普通車用ディーゼルカーを改造しているため窓が開くのですね。昔は窓が開く列車が多く走っていましたが、鉄子にとっては貴重な経験になったのではと思います!

まだまだ鹿児島への道中は道半ばですが、長くなりましたので続きは次回にお伝えする事にします。それでは!